2023(令和5)年度使用分地域配分の申請が始まりました

 

赤い羽根共同募金運動により集められた募金は、福祉施設・福祉団体の活動のために活用されています。

2023(令和5)年度に実施する備品整備、小破修理、研修、後援会等の事業、新型コロナウイルスに対する事業に対しての配分申請を受付けます。

 

〇応募資格

国立市内の地域福祉の推進を目的に事業を実施している民間の福祉施設・団体

※会社法人が経営、学校法人および特殊法人が運営する施設は対象となりません。

〇申請期間

2022(令和4)年9月1日(木)~10月21日(金)

〇配分申請額

10万~30万円(申請事業費の75%以内)

※配分申請額が、そのまま配分決定額とはなりません。募金額や申請状況、審査等により配分決定額が決まります。

〇対象事業

・新型コロナウイルス感染拡大防止に関する事業

・備品整備(原則として日常的に使用するものとし、消耗品は除く。事務管理用備品は対象外)

・利用者や地域住民が使用する防災・災害対策用備品

・小破修理(賃貸物件に係るものは対象外)

・研修・講習会(1つの内容とし、利用者一人につき1回、効果の一貫性を基準とする)

※いずれも2023(令和5)年度に実施する事業であること

〇申請方法

申請書式は、東京都共同募金会のホームページ(https://www.tokyo-akaihane.or.jp/a_josei.php)からダウンロードし、必要事項を記入のうえ、共同募金会国立地区協力会(国立市社会福祉協議会経営管理課内)へ提出。

〇配分決定

2023(令和5)年3月下旬頃に東京都共同募金会で開催される理事会・評議員会で決定後、通知される。

〇配分金交付時期

2023(令和5)年6月に交付予定

〇報告書の提出必須

事業完了後、直ちに報告書と写真等データの提出

 

【問合せ】

共同募金国立地区協力会(国立市社会福祉協議会経営管理課内)

電話:042-575-3226  FAX:042-575-3554